主婦必見!ヤミ金の見分け方

専業主婦ということで、本来なら金利が低く信用できる銀行カードローンをおススメしたいのですが、消費者金融で借りたい人もいるはず。ここではヤミ金の見分け方についてご説明します。ヤミ金には絶対に騙されないようにしてくださいね。

 

専業主婦に対して必要な書類を求めないのはヤミ金

多くの専業主婦の方は、ご主人に内緒でお金を借りたいと思っています。銀行カードローンならそれが可能ですが、消費者金融の場合は、配偶者の同意書が必要になります。

 

金額によっては配偶者の収入証明書も必要になります。そのほかに婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本。ですから、専業主婦はご主人に内緒では消費者金融からお金を借りれません。※銀行カードローンの場合は例外で本人確認書類のみで借りれる

 

もし、必要書類の提出を求めないのであればヤミ金ですから一切かかわらないでください。

 

ソフトヤミ金

ソフト闇金というのは、どこからも借りれなくなった専業主婦や女性などに近づいて、最初は親身になって話を聞き、相手が信用したところで契約させて、あとは違法な利息を取り続けるというものです。

 

比較的規模の小さい消費者金融を利用するときには、ホームページや広告をよく調べてください。もし、連絡先として携帯電話の番号しか載せていないならヤミ金です。

 

また、貸し付け条件(金利や限度額、返済方式、担保や保証人の有無など)を明記していないのもヤミ金です。審査が甘そうだと思ってもそのような消費者金融とは連絡を取らないでください。

 

電話で聞くだけでも個人情報を聞き出されて後で困ることになりますから、電話やメールの連絡もしないでください。

 

貸金業者の登録番号があるか

貸金業者は貸金業者として登録する必要があるので、ホームページや広告に登録番号が記載されているはずです。たとえば東京都知事(8)第○○○○○号のような番号です。この番号がないのはヤミ金ですが番号があっても偽の番号を使っているところもあります。

 

登録業者かどうかは金融庁のか登録貸金業者の検索サイトで確認できます。ただし、登録番号の()の中の数字が1や2である場合、ヤミ金である可能性もあります。ですから、()内の数字が大きい業者を選んでください。

 

ちなみにこの()内の数字は登録回数で、3年に1度登録を更新するため、数字が1であれば貸金業者として3年未満の営業であることになります。

 

ヤミ金の手口〜アルバイト詐欺〜

闇キンの手口は非常にたくさんあります。たとえば、アルバイト詐欺は市場調査のアルバイトをしませんかんなどと誘って、カードローンを契約させ、そのカードローンを渡すと、勝手に借りられてしまい返済は自分ですることになるというものです。

 

消費者金融はローンカードの譲渡を禁じていますのでこのような詐欺になっても損害を補償してもらうことはできません。

 

ヤミ金の手口〜買取り屋〜

これは、最初にクレジットカードで高価な商品を購入させ、それを実際の価格よりも少ない金額で買い取ります。そうするとお金に困っている人はとりあえず現金を手にすることができますが、購入した製品の支払いは自分でしなければならないので、借金は増えることになります。

 

ヤミ金に騙されないためには

闇金の手口は他にも、大企業の名前を使って融資に関するダイレクトメールを送ってくるとか、勝手に口座にお金を振り込んで後から利息とともに返済を要求してくる「押し貸し」や債務整理を請け負うといって適当な債務整理をして、あるいは、債務整理を行わず手数料だけを取り続けるという「整理屋」などがあります。

 

このようなヤミ金に騙されないためにはまず、冷静になって考えることです。貸付金利が銀行や大手消費者金融よりも極端に低いなら、ヤミ金です。

 

「多重債務者歓迎」といっているのもヤミ金です。利用したこともない消費者金融からダイレクトメールが来たらそれもヤミ金です。お金に困っていると冷静な判断ができなくなるので、まずカードローンの知識を得たうえで、信頼できる業者かどうかを判断してください。