旦那の職場に電話連絡はある!?

『私は専業主婦で事情があってカードローンでお金を借りたいと思っています。ただ、私が申し込みをして、夫の勤務先に電話がかかってきたりすると困るのですが、そういうことはあるのでしょうか?夫に内緒でカードローンの申し込みをすることはできますか?』という質問をよくされます。

 

専業主婦の方がカードローンを利用することも増えていますね。そしてご主人に内緒で借りたいと希望しておられる方も多く、実際に内緒で借りることができた方もいらっしゃいます。専業主婦が内緒でカードローンを利用するなら銀行などの金融機関のカードローンになります。その理由をご説明します。

 

専業主婦は消費者金融からは夫に内緒で借りれない

大手消費者金融ではどこも専業主婦には融資していませんが、中小の消費者金融では専業主婦にお金を貸すところがあります。ネットや電話で申し込みができますが、契約の際にはいくつかの書類を提出する必要があります。

 

まず、本人確認書類それから配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票か戸籍抄本です。この中で「配偶者の同意書」いうのは、妻がカードローンを利用したという事実が信用情報に登録されることに同意するということを示す「同意書」です。

 

これは、消費者金融で準備している場合もありますのでその場合は消費者金融から入手してご主人に同意書を作成してもらい提出します。

 

ですから、専業主婦はご主人の同意がない限り契約ができないのでご主人に内緒では借りれないことになります。もし、専業主婦が自分で勝手に同意書を作成して契約すると私文書偽造の罪に問われることもあります。

 

また、消費者金融が同意書の提出を求めないのは違法なことで、このような消費者金融はヤミ金ですからかかわらないでください。

 

銀行カードローンは配偶者に内緒で借りれる

これに対して銀行などの金融機関のカードローンは本人確認書類だけで契約が可能なので専業主婦でも配偶者に内緒で借りることができます。

 

配偶者の会社に在籍確認の電話がかかってくることはありません。

 

申し込みフォームに配偶者の勤務先に関する情報を書くところがなければ電話のかけようがありませんから。ただ、自宅に電話がかかってくるのが心配という場合もあるかもしれません。

 

その場合は連絡先として自分の携帯電話を申告してください。以前は固定電話の電話番号がないと審査に不利でしたが、いまは固定電話を持たない方も増えてきているので以前ほど審査には大きな影響はないようです。

 

もし、無事に審査に通ってお金を借りれたら、返済はきちんとしてくださいね。返済をしないと督促状が送られてきてご主人にカードローンの借入をしていたことがわかってしまうこともあります。

 

ですから約定日には確実に返済をしてください。返済をきちんとしていれば、最初限度額が10万円だったとしても最高額まで(専業主婦の限度額の最高は30万円か50万円)引き上げてもらえる可能性もあります。