督促状が自宅に届いた場合の解決方法は?

カードローンでお金を借りたものの返済が滞ってしまうという方は少なくありません。事情は様々ですが、何もしないで放っておくと強制執行になりたいていは給料の差し押さえなど困ったことになりますので適切な対応が必要です。

 

債務整理について

返済ができていないし、今後も返済は無理という方。本来ならカードローンの返済ができなくなると分かった時点で、借り入れ先に電話をして相談するのがベストです。

 

事情を説明し返済はしたいという誠意を示せば返済計画を調整してもらうこともできます。現時点で今後の返済はどうしても困難という場合は、債務整理をすることもできます。

 

債務整理をすると信用情報機関に債務整理の事実が登録されて、今後の借り入れができなくなるというデメリットがあるという方もいますが、現在の返済額を減らせるのであれば、今後の借り入れ(少なくとも5年間)ができなくなることは大きな問題ではないと思います。

 

債務整理の中に任意整理というのがありますが、これはたいてい弁護士に依頼して行います。任意整理は専業主婦でも配偶者に内緒で行えるもので、弁護士がすべての交渉・手続きをしてくれます。

 

弁護士に依頼すると弁護士が債権者に「受任通知」を送るので、債券者からの督促は来なくなります。過払い金があれば借金が0になったり現金が戻ってくる場合もあります。

 

借金がなくなれば債務整理の登録はされません。過払い金に関しては無料相談をしているところも多いのでまずは債務整理を得意とする弁護士事務所に相談してみてください。

 

個人再生と自己破産

そのほかの債務整理としては個人再生というのがありますが、これは裁判所を通して行うものです。裁判所が認めれば借金の額が減らされて原則3年で返済することになります。

 

今後も一定の収入が見込めて、減額されれば返済が可能であれば、個人再生をするという選択も可能です。

 

そのほかには自己破産というのがあります。自己破産も裁判所を通して手続きをしますが、個人再生と違い借金が0になります。ただし、住宅や高価な所有物は手放さなければならなくなります。預金は20万円まで残しておくことができます。

 

自己破産は、借金が全くなくなり返済のストレスから解放されるので、最終発がしやすいといわれています。ちなみに、裁判所を通して行う手続きの場合、配偶者に関係した書類も必要になるので専業主婦が配偶者に内緒で行うことはできません。

 

借りたお金は返すのが当然なのですが、どうしても無理な場合は上記のような解決策があります。返済のために新たに別のカードローンで借金をするというのは、借金を増やすだけなので賢明な方法ではありません。また2か月以上延滞してれば審査には通りません。

 

審査の緩いヤミ金に手を出せば最悪の結果になります。ヤミ金は返済に困って切羽詰まっている人、どこからも借りれなくなった専業主婦、家族にお金の相談ができない高齢者などを狙っています。ヤミ金ではなく法的な救済策を利用して対処するようにしてください。